木目金について

木目金とは

色の異なる金属を幾重にも重ね合わせたものを、丹念に彫って鍛え、美しい木目状の文様を作り出す日本独自の金属工芸技術(および作品)を「木目金」といいます。約400年前、江戸時代初期、刀装具の職人だった出羽秋田住(現在の秋田県在住)正阿弥伝兵衛(しょうあみ でんべい)によって考案されたといわれています。

木目金の地金

木目金はその文様から銘木の一種、鉄刀木(たがやさん)になぞらえて、「タガヤサン地」とも称されていました。また、明治には「霞打ち」と呼ばれたこともあります。海外では[MokumeGane][Mokume]として広く知られています。
木目金のルーツは江戸時代初期、同じく出羽秋田住正阿弥伝兵衛が考案した「グリ彫り」の鐔にはじまると伝えられています。

→木目金の分類はこちら

グリ彫りとは

 グリ彫りは木目金の元祖と言われています。色の異なる金属を幾重にも重ね合わせて、唐草文や渦巻文を彫り下げた金属工芸の技術です。現存するグリ彫りの鐔には、数百年の時を経た今でも美しい金属の積層を見ることができます。
 グリ彫りという技術は、中国の「屈輪彫り(ぐりぼり)」が起源だと伝えられています。「屈輪」とは、彫漆(漆を彫る技術)の一種であり、朱、黒、黄などの色漆を何層にも塗り重ねて、唐草文や蕨手文などの文様を彫り下げたものです。宋から明の時代につくりだされたもので、日本では室町時代頃より輸入され、茶道具として珍重されていた様子が当時の茶会記から読み取れます。

木目金とグリ彫り〜幻の技の復活

 正阿弥伝兵衛が発案した木目金とグリ彫りの技術は、その後、舞台を江戸(東京)へと移します。そして木目金の技術を完成させた高橋興次(おきつぐ)が現れます。
 頃は江戸時代中期、高橋派の初代・高橋正次がグリ彫りの得手として活躍し、そしてその門弟である高橋興次が、それまでの木目金技術に新たな表現方法を加えた、吉野川・竜田川図鐔などの作品を制作しました。これらは、グリ彫りにはじまる木目金技術の完成と言えるでしょう。

 やがて、廃刀令などの影響で技術の伝承は一度途絶え、「幻の技術」と呼ばれるようになりました。しかし、これらの技術にひかれた熱意ある人々の努力によって、木目金、グリ彫りの技術はよみがえりました。

 木目金は多くの人々の手によって研究がくりかえされ、その歴史に新たな足跡を残しています。
 そして木目金の元祖・グリ彫りも復元研究によって技術の解明が進み、現代における生きた技術としての立ち位置を見つけ始めたところです。