日本金属学会会報「まてりあ」に掲載されました


8月号の巻頭記事に「温故知新で未来につなぐ木目金」として、
髙橋社長へのインタビューを元にした記事が掲載されました。 伝統技術「木目金」の特性を現代のジュエリーに活かし、人の営みと関連させて技術を継承しているとして紹介されています。

  日本金属学会会報「まてりあ」 

*記事の購読には会員登録が必要です

*公益社団法人日本金属学会は「金属に関する理論ならびに工業の進歩発達をはかること」を目的とした学術団体として1937年(昭和12年)に創設され, 金属及びその関連材料に関する研究成果を世界に発信する学会として活発な活動を展開しています

公益社団法人日本金属学会:https://jim.or.jp/