東京理科大学イノベーション研究科の学生さんを対象に、去る7月4日、「木目金講義」を行いました。
 
当日は、講義のほか、当研究所の木目金収蔵品の展示や、木目金に関するディスカッションなどを行いました。
 
 
 
toukyourikadai.jpg

メディア掲載情報: 日本経済新聞

7月9日日曜版「日本経済新聞 The STYLE 」21面に、当法人代表である髙橋正樹とともに、木目金の歴史的背景やその特徴が紹介されています。

 

NIKKEI_web02.jpg

日本デザイン福祉専門学校クラフトデザイン科の学生さんを対象に、去る4月20日、「木目金見学会」を行いました。
 
ものづくりを学ぶ学生さんたちに、当研究所が所蔵する、江戸時代に制作された木目金の貴重な作品や資料を間近で見ていただきました。
 
 
 
 
nihondesign.jpg

2016年1月15日(金)に放送予定のNHK BSプレミアム「美の壺」の「千年の光 日本刀」の回に、日本杢目金研究所代表の髙橋正樹が出演します。

「刀を彩るスゴワザ発見」として木目金の鐔が紹介される中で、髙橋が「木目金の研究者」としてインタビューに答え、江戸時代の名品の鐔を復元する様子がご覧いただけます。 

「美の壺」は2006年に開始され360回を超える人気番組で、暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介する新感覚の美術番組です。木目金の魅力が美しい映像とともに紹介されますのでぜひご覧ください。 

【放送日時】
NHK BSプレミアム
1月15日(金)午後7時30分~8時
1月19日(火)午前11時~11時30分(再)
1月21日(木)午前6時30分~7時(再)

国際放送 ワールドプレミアム
1月21日(木)14:05~(日本時間) 

【 NHK「美の壺」】 
案内役:草刈正雄    ナレーション:木村多江

文化庁「工芸技術記録映画」として、新潟県燕市の人間国宝、玉川宣夫氏の記録映画が制作され、その撮影に協力いたしました。木目金の技術を生み出したとされる出羽秋田住正阿弥伝兵衛の現存する最初の作品として「江戸時代初期 正阿弥伝兵衛 木目金鍔」が紹介されることとなり、「木目金の教科書」に掲載されている鐔の画像を貸与しました。

139p.jpg
在スイス「バウアーファンデーション東洋美術館」に収蔵されている木目金作品等の調査に赴きました。

同美術館は収蔵品の数が約9000点と、東洋美術品の分野においてスイスで最も重要なコレクションとなっています。当日は同美術館の全面的な協力の元、収蔵されている木目金及びグリ彫りに分類されている作品41点全ての調査研究を行いました。5月には、この時の調査結果を元に同美術館に収蔵されている「木目金地鐔 銘 川越住 恒忠作」の復元研究制作を行いました。またこの復元作品は公益財団法人日本美術刀剣保存協会主催の「平成27年 新作名刀展」において努力賞をいただいています。

ばうわー.jpg

盛岡カレッジオブビジネスの学生さんを対象に、去る2月18日、「木目金見学会」を行いました。

当研究所が所蔵する、江戸時代に制作された木目金の貴重な作品を間近で見ていただき、

その卓越した技術と美しさに触れていただきました。

 

morioka4.jpg

 

 


木目金セミナー・ワークショップに関するお問い合わせ、ご相談、依頼
Email: npo_mokumegane@yahoo.co.jp
 

 

 

株式会社 杢目金屋開催のアセスメント(2014年12月)において、社員の皆様に向けて「木目金勉強会」を行いました。

当日は当研究所所蔵の木目金作品を展示し、代表理事の作品説明に熱心に耳を傾けていました。

 

moku.jpg

 


木目金セミナー・ワークショップに関するお問い合わせ、ご相談、依頼
Email: npo_mokumegane@yahoo.co.jp
 

 

 

こちらはグリ彫りの鐔でございます。

こちらは偽の銘が刻まれていることで

有名な、いわくつきの鐔です。

偽の銘を入れるにしても、その「偽」

質が重要になってきます。

グリ彫りそのものが技術として

難易度があり、そして彫りも精巧に

されている等、当時の職人の

研究熱心な部分には、関心させられる

部分が多々あります。

 

江戸時代中期 赤銅、銅
H80.5×W76.3×T4.1mm 154.9g

Tsuba with designed of guri scrolls
Fake signed:"Shoami Denbei, a resident of Dewa Akita"
Mid-Edo period

Shakudo,Copper

GURIBORI KASHIRA: グリ彫り 頭

こちらはグリ彫りの頭でございます。

 

仏教具にあるような厳かな

雰囲気も漂う一品です。

均整のとれた彫り、デザインには

アールデコのような印象も受けます。

彫りがしっかりしており、その中に見える模様の

繊細さも相まって、力強さと美しさが同居した作品です。

 

江戸時代中後期 赤銅、四分一、銅

H33.8×W16.4×T8.7 10.9g

Kashira with design of guri scrolls .

Mid-to-late Edo  period

Silver , Shakudo , Copper